歯科 PPC広告 歯科医院のリスティング広告の日本歯科PPC広告活用センター ページの先頭です

無料レポート

「医院のホームページから集患してみようか」
でも、ちょっと不安だ。とお思いの先生のために「ホームページからの集客法」をレポートにしました。
どんなホームページを作ったらよいか? インターネットから本当に集できるのか? などこのレポートに答えが掲載されています。
もちろん 無料です。

無料の資料請求はこちら

歯科 PPC広告 オーバーチュア アドワーズサービス対応可能エリア

当社の歯科 PPC広告 オーバーチュア アドワーズサービスは全国に完全対応しております。

北海道(札幌市)
東北|青森県 岩手県 宮城県(仙台市) 秋田県 山形県 福島県
関東|茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県(さいたま市) 千葉県 東京都 神奈川県(川崎市、横浜市)
北陸|新潟県 富山県 石川県 福井県
中部|山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市) 三重県
近畿|滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県(神戸市) 奈良県 和歌山県
中国|鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国|徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州|福岡県(博多) 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県(那覇市)

オーバチュア・アドワーズとは?

検索連動広告(オーバーチュア・アドワーズ)人気がある8つの特徴
特徴1検索結果の上に表示されます。

・オーバーチュアならYahoo!の検索結果の上に4つ、検索結果の下に2つ表示されます。
・アドワーズならGoogle(グーグル)の検索結果の上や右横に表示されます。
・クリックされる確率も5~10%。
「見出し」などをきちんと作れば30%ということもあるほどです。
・下手をすれば一般の検索結果よりもクリックされているというデータもあります。

●オーバーチュアの例
●オーバーチュアの例
●アドワーズの例
●アドワーズの例

 

特徴2見た目が広告風ではありません。

・バナー広告と異なり、文章スタイルのため「広告だと思わなかった」というユーザーが多いです。
・さらに一番上に表示させればクリックされる可能性もぐんと高まります。
・見出し(キャッチコピー)を工夫すれば、検索ユーザーの10~30%がホームページを見に来ます。

特徴3見たいユーザーだけにしか見せません。だから無駄がありません。

・オーバーチュアは、例えば「海外旅行」と検索したユーザーにだけ見せる設定ができます。
・この場合、「ニューヨーク 旅行」や「ハワイ旅行」と打ち込んだ場合には表示されません。
・逆に「ハワイ」「リゾート」と検索するユーザーにも見せたければ、いくらでも追加掲載ができます。
・ちなみに、サイトの中に、そのキーワードと関連するページがあることが前提です。
・したがって、温泉旅館のサイトが「海外旅行」で掲載したい、と思っても審査で落とされます。

特徴4クリックされなければ、一切費用が発生しません。

・オーバーチュアもアドワーズも、ユーザーがクリックした際に課金されるシステムです。
・つまり成果報酬型の広告です。だから無駄なコストも発生しません。
・「他社が悪意を持って何度もクリックすると課金されるの?」というご質問を頂きます。答えは「少しだけ課金される可能性がある」です。しかし、同じ人が何度もクリックすると「不正クリック」とみなされ、オーバーチュアもアドワーズも「課金されないしくみ」になっていますからご安心を。

特徴5効果を考えるとあまりに安い広告費です。

■1クリックたったの9円〜で掲載可能
・オーバーチュアはヤフーに掲載されますが、キーワードによっては1クリック9円~で掲載できます。
・グーグルの検索結果に表示されるアドワーズは1クリック7円~と格安です。
・つまり100人にクリックされてもわずか700円です。「たった700円で100人の有望客に見せる」広告手法は他に存在しません。

■入札により掲載料の上昇も
・ただし、オーバーチュアもアドワーズも掲載料金がオークション形式(入札)で決まります。
・したがって、人気のあるキーワードは掲載料金が上昇してしまうのです。

・例えば「インプラント」というキーワードで掲載したい医院が10医院あった場合、一番高い入札額を設定したところが、一番上に掲載されます。
・つまり一番上に掲載したければ、他の広告主(医院)より高い入札金額を設定すればいいのです。
・一方、クリック数は落ちますが「2番目や3番目でもよい」であれば、2番目の入札額を設定すればいいのです。
・この入札額はいつでもすぐに変えることができます。
・ただしアドワーズは「入札金額」×「クリック数」で順位が決まるので注意が必要です。
このあたりの判断は予算や目的、キーワードや商品単価などによって異なり、頭の痛いところです。
そこで日本歯科PPC広告活用センターでは「順位」「掲載料」のどちらを優先させるのが得かをも含めてご提案しています。

なお、アドワーズは1ページ8医院まで。9医院目は検索結果の2ページ目に表示されます。

入札金額は設定画面で自由にコントロールでき、私たちのサービスをご利用になる医院様は全てお任せいただけます。ちなみに2008年10月末時点での入札額ですが・・・。

「インプラント」 最高入札額729円
「歯科 矯正」  最高入札額709円

と非常に高騰しています。

特徴6費用は青天井!?いいえ、上限予算を決めることができます。

■予算を消化した時点で掲載が終了する仕組み
・「1日で10万人にクリックされたら、70万円も負担するのか?」と不安に思われるかもしれません。
・実は、予算は10万円まで、と設定すれば、予算が消化された時点で掲載が終了するしくみです。
・青天井に広告費を払うわけではありません。なお、これらの設定は全て、広告主だけが入れる「設定画面」で全部行うことができます。

予算を消化した時点で掲載が終了する仕組み ちなみにこの設定画面はすべて私たちが管理いたしますので、「設定がわからない」「操作が面倒だ」という先生も安心です。

 

 


■掲載キーワード数を増やす=掲載広告費の増加にはなりません。
・キーワードの数が増えても、お金はかかりません。好きなだけ掲載できます。
・あくまで、一日、月間の総額予算に対して、何円分を消化したか、という考え方です。
・したがって、予算を決めたら、後は気にすることなく、いくらでもキーワードを出すことができます。
・そして、どのキーワードが効果が高いかを検証しながら、キーワードを絞り込むことができます。
・キーワードの中止はいつでもすぐにできます。追加も5営業日で可能です。

 

特徴7いつでも開始でき、そしていつでも中止できます。

・キーワードの数が増えても、お金はかかりません。好きなだけ掲載できます。
・あくまで、一日、月間の総額予算に対して、何円分を消化したか、という考え方です。
・したがって、予算を決めたら、後は気にすることなく、いくらでもキーワードを出すことができます。
・そして、どのキーワードが効果が高いかを検証しながら、キーワードを絞り込むことができます。
・キーワードの中止はいつでもすぐにできます。追加も5営業日で可能です。

特徴8最重要!!より質の高いユーザーだけに見せる広告です。

実はこれが最大の特徴です。そしてこれがオーバーチュアやアドワーズ広告、
さらにヤフー登録やSEOの共通したメリットです。

・ユーザーの大半は検索エンジンにキーワードを打ちこんでホームページを探す
・検索結果の1~2ページ目しか見ない


だから、オーバーチュアやアドワーズを利用してヤフーやグーグルの検索結果1ページ目に広告を掲載すると、アクセスが一気に増えるのです。

さらにDMなどその他広告よりも、問合せにつながりやすく、購入に至りやすいという傾向があります。なぜなら、ヤフーに「インプラント」や「審美歯科」などのキーワードを打ち込んだユーザーは、「誰にも強制されずに」「自らの意思で」「探している」可能性が非常に高いからです。だとすれば「来院に至りやすい」というのは当然のことかもしれません。

もし「オーバチュアに興味をもった!」「もっと詳しく知りたい」と思われたら、
お気軽にお問合せください。

そもそも、どの手法がアクセスアップに有効なのでしょうか?
メディア別の早見表を作ってみました。
このように数年前はバナー広告やメルマガ。一昨年ごろから注目され始めたSEOなど様々な手法があります。「しかしバナー広告は高いし、効果がない」「メルマガは安いが手間がかかるし面倒」などの性格から積極的に採用しづらいのも事実。 そこで「日本歯科PPC広告活用センター」では「どの方法が優れているか?」について行った1000キーワード以上の調査を基に下記の表にまとめてみました。
手法/比較項目 効果 スピード 費用 リスク 総合判定
(推奨度)
解説
OVERTURE AAA Yahoo!の上位に掲載され、一度試すとその絶大な威力に驚く企業多数。キーワードによってはアドワーズより入札額が高騰していないケースも。
アドワーズ AA Yahoo!に配信していたが現在は中止、アドバンテージ低下。しかしGoogle検索結果への広告表示、申込→即掲載が開始されるメリットは健在。
Jword A 中国ではNo1.しかし日本ではまだ知名度が低い。急成長しているというが・・・。今後に期待。
SEO(Yahoo!対策) × A 効果が出るまでに数ヶ月が必要。非常に頻繁なアルゴリズム変更により、既存のSEO手法が使えなくなるリスクも。
SEO(Google対策) × B 効果が出るまでに数ヶ月が必要。利用者シェアを考えると費用対効果では疑問符が。また頻繁なアルゴリズム変更により、既存のSEO手法が使えなくなるリスクも。
SEO(MSN対策) × B 最近大幅にしくみを変えた王者Microsoftの検索サイト「MSN」。日本ではNO3のポジション。しかし、年内にまたしくみの変更予定あり。対策は時期早尚か。
Yahoo!登録     (ビジネスエクスプレス) AAA 登録自体が狭き門。しかし「ビジネスエクスプレス」でクリア。一回登録されれば追加費用は一切必要なし。アクセスアップにおいては絶大な威力を誇る。
中小検索エンジンへの登録 × B やらないよりは、やった方が多少マシ、というレベル。アクセスアップにはあまり影響しない。
メルマガの発行 A 安いが手間がかかる。文章力も必要なのがネック。
オプトインメール C ターゲットが絞れていないケースが多く「無駄撃ち」になる可能性大。
バナー広告 × × × C 単に高いだけ。潤沢な予算を持っている一部の企業向け。弊社ではお勧めしない。